サク@同棲ブロガー

同棲カップルにお得な情報をお届けします!

【マッチングアプリ】初デートでLINEが聞かれない時は脈なしか?

マッチングアプリで出会った相手との初デートは、緊張と期待に満ちた特別な時間です。

しかし、相手からLINEの交換を求められない場合、不安や疑問が生じることもあります。

では、なぜ初デートでLINEを聞かれないのでしょうか?

その心理を3つのポイントで解説します。

マッチングアプリ】初デートでLINEが聞かれない時は脈なしか?

脈なしだと感じている

相手が初デートでLINEを聞いてこない理由の一つに、「脈がない」と感じている可能性があります。

相手があなたに興味を持っていない、または単に友達としての関係しか望んでいない場合、LINEの交換を避ける傾向があります。

これは、相手がデートを終えた後も続けたいと思わないサインとも捉えられます。

 相手から交換を待っている

一方で、相手が自ら積極的にLINEの交換を求めない理由は、あなたの反応を見ている可能性があります。

相手がデート中に良い雰囲気を感じていても、過度なプレッシャーを避け、あなたが自発的にLINEを交換したいと思っているかどうかを確認したい場合があります。

そのため、相手からのアプローチを待っている可能性も考えられます。

 2~3回目デート以降に交換したい

また、初デートでのLINE交換を避ける理由として、相手が関係を急ぎたくない場合もあります。

マッチングアプリでの出会いが初対面であり、相手がゆっくりと関係を進展させたいと考えている場合、2~3回目のデートでのLINE交換を好むことがあります。

このような場合、相手は関係を慎重に築きながら、自分の感情や相手との相性を確認したいと考えている可能性が高いです。

マッチングアプリで相手にLINEを聞く際の3つの注意点

マッチングアプリで相手にLINEを聞く際は、適切なタイミングや方法、コミュニケーションの取り方など、様々な要素を考慮する必要があります。

ここでは、LINEを聞く際の3つの重要な注意点について解説します。

1. 相手との相性や会話の流れを考慮する

相手にLINEを聞く際に重要なのは、相手との相性や会話の流れを考慮することです。

相手との会話が盛り上がっている場合や、お互いの興味や関心が共通している場合には、自然な流れでLINEの交換を提案することができます。

しかし、まだ相手との関係が浅い場合や、会話が弾んでいない場合には、無理にLINEを聞くのではなく、まずは会話を楽しむことに集中しましょう。

相手との信頼関係や親密さが高まった段階で、自然な形でLINEの交換を求めることができます。

ちなみに、気になるお相手とチャットで会話をする時は、まず相手の話に興味を持ち、聞く姿勢を示すのが大切です。

あまりに自分のことばかり話すと、相手が自分への理解を示してくれないと感じ、あなたへの興味を失ってしまうこともあるため、バランスよく話をするように心がけましょう。

ちなみに、会話が苦手な方は書籍からヒントを得ると良いでしょう。
特に、マッチングアプリを利用している人におすすめしたいのは、「聞く習慣 〜自分と人生が変わるいちばん大切な会話力」です。

マッチングアプリでは、初対面の相手との会話が重要ですが、興味を持てない相手との会話に困ることも少なくありません。

この本では、元コミュ障ライターが教える「興味を持てない相手」ともうまく話すためのコツが紹介されています。

マッチングアプリでのデートやコミュニケーションに不安を感じている方にとって、この本は会話に臨むための良い指南書となるでしょう。

2. プライバシーと安全性を尊重する

マッチングアプリで出会った相手にLINEを聞く際には、相手のプライバシーと安全性を尊重することが非常に重要です。

個人情報や連絡先を共有することは、相手との信頼関係が築かれた後で行うべきです。

相手がLINEの交換に同意した場合でも、自分の個人情報を適切に保護するために、本名や住所などのプライベートな情報を共有することには注意が必要です。

また、相手が無理やりLINEの交換を求めたり、嫌がる態度を示す場合には、その要求を断る勇気を持つことも大切です。

3. 自然な流れや明確な理由を持って提案する

LINEの交換を求める際には、自然な流れや明確な理由を持って提案することが重要です。

たとえば、共通の趣味や興味を持っていることをきっかけに、「この話題についてもっと話したいので、LINEで続けられる?」という具体的な提案をすることが効果的です。

また、「マッチングアプリのメッセージ機能よりも、LINEの方が使いやすいから」という理由を明確に伝えることで、相手に理解を求めることができます。

自然な流れや具体的な理由を持って提案することで、相手もより積極的にLINEの交換に同意する可能性が高まります。 

初デート中に相手が脈なしだと感じてる行動5選

1.会話が弾まない

初デート中に相手が脈なしだと感じる兆候の一つは、会話が弾まないことです。

会話が続かず、沈黙が頻繁に訪れる場合、相手が興味を持っていないか、自分との相性を感じ取れていない可能性があります。

このような状況では、相手がデートの終了を早めたいと思っているかもしれません。

2. ボディランゲージがない

ボディランゲージがない場合、それは相手が脈なしと感じている可能性があります。

たとえば、腕を組んだり、身体を引っ込めたりする姿勢は、心理的な距離を示すサインです。

相手が心を開いていない場合、デートがうまくいっていないか、興味がないと感じている可能性があります。

3. 話題を自分中心にする

もし相手がデート中に話題を自分中心にする傾向がある場合、それは相手が興味や関心を示していない可能性があります。

デートはお互いを知る貴重な機会ですが、相手が自分の話題にのみ興味を示す場合、自分との関係を深める意欲がないかもしれません。

4. 目を合わせない

相手がデート中に目を合わせない、または目を逸らすような態度をとる場合、それは相手が脈なしと感じているかもしれません。

目を合わせることは相手とのコミュニケーションを深める重要な要素ですが、相手が避ける姿勢をとる場合、興味や信頼を持っていない可能性が考えられます。

5. 態度が冷たい

相手がデート中に冷たい態度をとる場合、それは相手が興味を持っていないか、関心が薄い可能性があります。

笑顔や親しみやすさが欠けている場合、相手がデートに積極的に参加していないか、あなたとの関係を築きたいと思っていないかもしれません。

まとめ

初デートで相手からLINEを聞かれない場合、脈なしと感じるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

相手の心理や状況を考慮しながら、焦らずに関係を深めていくことが大切です。

自分から相手に興味を示し、自然な流れでコミュニケーションを築いていくことで、良い関係が育まれるでしょう。